9月6日未明の地震

 

今回の地震で被災された多くの方々にこころからお見舞申し上げます。
まだ不安な状況にいる方々や連日の復旧作業に尽力されている方々の安全を切に祈っています。
 

 
 
たくさんの方から安否を気遣う連絡をいただきありがとうございました。
わたしの方は何の問題もありません。
 
 

おなじ札幌市内でも場所によってかなり被害のおおきさはちがったようです。
うちは電気もその日の午後には復旧しましたし、揺れの影響といえば台所の食品ストッカーの引き出しがすこしあいていたことぐらいでした。
 

 
6日未明は、揺れの前のゴーッという音があって大きな横揺れがつづいたので驚きました。
地震がおさまった直後に停電となり、道路の信号機も消えました。
街で灯りが見えるのは、マンションなど高層の建物の階段部分の照明だけ。テレビ塔が見えないので一帯が停電なのだなとわかりました。
 
 

 
さいわい水道は使えました。
先日の台風による雨ですぐ近くの川の増水を心配していた真っ只中のことでした。このとき、揺れたことで川の水がこぼれて溢れないかどうかというアホなことをわたしはとっさに心配していました。
 
 

SIMフリー携帯を使っていますが、わたしの携帯は停電と同時に使えなくなりました。家族の携帯は使えたので、携帯会社によって使えるところ使えないところがあったようです。
 
 

近所に大きな病院があるので救急車のサイレンはよく聞きますが、地震の直後から、このサイレンがひっきりなしに続きました。
 
 

テレビがつかないので他の地域の様子を知らないまま、いつも通りに過ごして停電の回復を待っていました。午後、スイッチを入れっぱなしにしていた室内の照明がついたので、停電の回復を知りました。わたしはこの時点で災難はすっかり過ぎたように感じていましたが、すこし後にテレビやSNSで被害の大きさをはじめて知りました。
 
 

翌日、食べるものは家にあったので外出する用事はなかったけど、様子を見るため近所まで出かけてみました。個人経営のお店にも大型スーパーにも長蛇の列ができていました。
 
 

JRも地下鉄もストップしたまま。でもスーパーの駐車場は車でいっぱい。停電や断水が続いているなか、開店するため出勤したお店の人々に頭がさがる思いでした。
 
 

常温で日持ちする野菜類とチョコレートなどを買い足しました。ジャガイモなどは過熱しないと食べられないけど、キャベツや大根などの野菜は生食で普通にたべられます◎
 
 

交通網は徐々に回復しつつあります。北海道では冬のあいだ天候によって「吹雪のため全線運転見合わせ」みたいなことに慣れているため、駅で混乱が起きるような様子はみられなかったようです。
 
 

とはいえ、これから計画停電などもあるようです。
まだまだ油断できない状況がつづきそうです。
とりあえず現状のご報告でした。

 
 

 
 

【 追 記 】
地震の前のゴーという音は建物がこまかく振動する音です。揺れる前の1~2秒しか聞こえないものです。窓ガラスが何層にもなっている構造の建物や古い建物だとかなり響いてきます。工事現場の近くなどから聞こえる「地響き」が近いかもしれません。
巷に聞く「地鳴り」みたいなものが本当にあるのかは知りませんが、「今回の震源地の方でふたたび地鳴りがあるようなので〇時間後に本震がくるらしい」というデマがながれているそうです。ご注意ください。

 
 
 
 


関連記事